安永がS高、熱電発電市場への進出を好感

 安永<7271.T>がストップ高カイ気配。同社は17日大引け後、シリサイド系熱電変換材料・発電素子を開発し、今年4月から研究開発向け製品の販売を開始、新分野の熱電発電市場に進出することを発表、これが好感されている。
 同社は排熱から電気エネルギーを回収できる「熱電変換技術」の研究開発に取り組んでおり、高性能かつ環境調和性のある熱電変換材料・発電素子のサンプル提供と研究開発向け製品を販売する。「熱電変換技術」というテーマで、製品化・実用化に向けた研究開発を進めることで、自動車の排熱回収による燃費向上などを実現し、省エネ・CO2削減に貢献していく方針。販売は、豊田通商<8015.T>を通じてグローバル展開を目指していく。
 また、今年度から経済産業省が進める「未利用熱エネルギー革新的活用技術研究開発」プロジェクトの研究開発委託先として組織された未利用熱エネルギー革新的活用技術研究組合(TherMAT)の組合員として、同プロジェクトに参画することも発表している。廃熱などの形で環境中に排出されている膨大な量の熱(未利用熱)エネルギーの問題は、日本国内のみならずグローバルな問題となっており、同社の取り組みも注目される。

安永の株価は10時44分現在550円(△80円)カイ気配

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)