ファンコミが急反発、2月度売上高はモバイル向け好調で前年同月比約5割増

 ファンコミュニケーションズ<2461.T>が急反発。企業の広告出稿意欲の拡大を受けてネット広告の伸びが特に顕著だが、それを牽引しているのがスマートフォンなどモバイル端末の急速な普及だ。同社のアフィリエイト広告もスマホ効果を存分に享受している。同社が17日発表した2月度の月次業績速報では売上高(連結ベース)は前年同月比48.4%増の21億9013万円と5割近い伸びを示し7カ月連続で20億円以上をキープしている。このうちモバイル向けアフィリエイト広告は77.5%の伸びをみせるなど引き続き好調だ。既に金額ベースではパソコン向けとモバイル向けは昨年8月を境に逆転している。

ファンコミの株価は10時46分現在4430円(△210円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)