◎18日前場の主要ヘッドライン

・日本ガイシが3日ぶり反発、期末配当予想を上方修正
・CANBASがS高カイ気配、14年6月期業績予想を上方修正で
・クレスコが大幅高、今期末配当を17円に上方修正、電子出版事業への期待も
・IIJが大幅高、モバイル関連ベンチャーに出資しBaaS事業を拡大
・TASAKIが昨年来高値更新、好業績を手掛かりとした買いが継続
・安永がS高、熱電発電市場への進出を好感
・ファンコミが急反発、2月度売上高はモバイル向け好調で前年同月比約5割増
・ソフトバンクが続伸、25日線足場にリバウンド鮮明
・ソースネクストがS高、マネーフォワードとの業務提携を好感
・冶金工が大商いで急伸、需給相場も業績改善期待が人気の底流に

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)