丸紅が反発、アフリカ営業体制拡充報道が支援材料に

 丸紅<8002.T>が反発。全般買い戻しが先行するなか、18日の日本経済新聞が「大手商社がアフリカ市場の営業体制を拡充する」と報じたことが支援材料になった。丸紅は4月、アフリカの駐在員を現在より6割多い約40人に増員。住友商事<8053.T>は南アフリカに現地法人とモザンビークに事務所を新設する。ガス田や鉱山など資源の権益獲得のほか、農業・食料関連事業の受注にもつなげると伝えており、未開拓市場の本格的な開拓を期待した買いが先行している。

丸紅の株価は12時40分現在703円(△13円)
住友商事の株価は12時40分現在1291円(△17円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)