イリソ電子が反発、中期成長力の高さに機関投資家も熱視線

 イリソ電子工業<6908.T>が反発。PEGレシオなどの切り口で中期成長力の高さが際立ち、「薄商いながら小型株ファンドなど機関投資家目線で注目度が高い」(市場関係者)。スマートフォンの出荷加速や自動車の電装化進展などを受け、電子部品メーカーの業績回復が顕著となるなか、同社は車載向けコネクターが業績を牽引、14年3月期営業利益は51億5000万円予想と前期比2倍の変化率。実に7期ぶりのピーク更新となる。電子部品市場は2014年も拡大を続け、前年比5%程度伸びて20兆円台乗せが濃厚。この好環境を享受して同社も営業利益連続ピーク更新が見込まれる。

イリソ電子の株価は13時27分現在5210円(△160円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)