渋谷工が急騰、実態面の高変化も株高原動力に

 渋谷工業<6340.T>が急騰、全般戻り相場に乗り持ち前の足の速さを発揮している。同社は「細胞培養システム」を手掛けるほか、3次元細胞積層システムを手掛けていることから、再生医療分野での活躍が見込まれるバイオ3Dプリンター関連としても注目度が高い。
 一方、本業の飲料用無菌充填ラインでは国内シェア9割近い圧倒的なシェアを誇り、14年6月期営業利益は前期比32.4%増の46億円を見込み過去最高利益更新予想にあるなどファンダメンタルズ面の好変化も見逃せない。また、メカトロニクス事業では後工程の半導体製造装置に展開、現時点で半導体装置は前工程を中心とした設投需要の回復過程にあるが、早晩後工程にも波及することが予想され、同社の来期収益に反映されることが期待されている。

渋谷工の株価は14時53分現在2864円(△220円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)