今夜の注目材料は?=外為どっとコム総研 石川久美子

今夜の注目材料は?
東京市場中のドル/円相場は朝に101.90円台まで上昇するも、その後は冴えない日経平均やウクライナ情勢への不安から101.50円台まで値を下げました。この後の展開について、予定されている経済イベントから考えてみましょう。

3/18(火)
19:00☆(独) 3月ZEW景況感調査
19:00 (ユーロ圏) 3月ZEW景況感調査
19:00 (ユーロ圏) 1月貿易収支
20:00☆(露) プーチン大統領、クリミア問題を巡る議会演説
21:30☆(米) 2月消費者物価指数
21:30☆(米) 2月住宅着工件数
21:30 (米) 2月建設許可件数
22:00 (米) 1月対米証券投資
24:55 (加) ポロズ・カナダ中銀総裁、講演
27:00 (英) カーニーBOE総裁、講演
※☆は特に注目の材料

今夜は何をおいてもプーチン露大統領の議会演説の内容に注目が集まります。
欧州市場序盤にプーチン大統領がクリミア自治共和国編入ヘ向けた同国との国際条約調印に向けて前向きと取れる発言をしたことで、緊張が高まり、円は全面的に強含んでいます。この議会演説の様子を受けて、また1つ、大きな波がある可能性があります。
欧米がどのような玉を投げ返すのかまで含めて、確認する必要があるでしょう。