パレモの14年2月期営業損益4億7900万円の赤字に転落

 衣料雑貨専門店を展開するパレモ<2778.T>が18日、14年2月期通期の連結業績予想の修正を発表した。売上高は従来予想の376億円から362億9200万円(前期比8.5%減)、営業損益は4億2000万円の黒字から4億7900万円の赤字(前期実績は4億1400万円の黒字)、最終損益は収支均衡から22億5400万円の赤字(同10億7900万円の黒字)に下方修正した。一部で高額消費需要の回復などが指摘されたものの個人消費の改善は限定的で、秋冬の天候不順やトレンド不在の市場環境も影響し、売り上げは会社側想定を下回った。また利益面では円安による原価上昇も足を引っ張っている。なお、最終損益については繰延税金資産取り崩しなどに伴い、法人税等調整額を13億1600万円計上することも響いた。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)