アステラス薬が続伸、経口アンドロゲン受容体阻害剤「エンザルタミド」の追加適応申請を提出

 アステラス製薬<4503.T>が続伸している。同社はきょう、米国メディベーション社と共同で開発・商業化を進めている経口アンドロゲン受容体阻害剤「エンザルタミド」の追加適応申請を提出したと発表した。
 今回、米国食品医薬品局(FDA)に追加適応申請したのは、化学療法施行歴のない移転性去勢抵抗性前立腺がん。「エンザルタミド」は米国で既に、ドセタキセルによる化学療法施行歴を持つ移転性去勢抵抗性前立腺がんの治療薬として承認を取得している。なお、今回の申請がFDAに受理された場合、アステラス薬は開発マイルストンとして2500万ドルをメディベーション社に支払うという。

アステラス薬の株価は9時12分現在6185円(△76円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)