三菱地所など不動産株が高い、3大都市圏地価の6年ぶり上昇を好感

 三菱地所<8802.T>や三井不動産<8801.T>など不動産株が高い。国土交通省が18日発表した公示地価では東京、大阪、名古屋の3大都市圏は前年比0.7%上昇と6年ぶりに上昇に転じた。大都市圏には不動産投資信託(REIT)などを通じた投資マネーが流入しており、地価を押し上げている。不動産市況が上昇に転じていることを好感し、この日は大手不動産株に買いが先行している。

三菱地所の株価は9時16分現在2415円(△45円)
三井不の株価は9時16分現在3111円(△35円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)