日立マクセルは反発、初日の下げで値ごろ感からの買い誘う

 日立マクセル<6810.T>が反発。同社はきのう東証1部に上場、4年ぶりの再上場となったが公開価格を5%下回る1971円の初値をつけた後、一段と売られる展開となった。終値も14%安の1790円とこの日の安値に近い水準で引け、売り圧力の強さ目立った。ただ、きょうは目先値ごろ感が生じていることや、きょう東証1部に新規上場したジャパンディスプレイ<6740.Tがウリ気配で始まるなど低調なスタートとなったこともあり、資金がこちらに向かっているかたちだ。

日立マクセルの株価は9時57分現在1827円(△37円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)