大平金が続伸、ニッケル価格上昇で底値離脱の気配

 大平洋金属<5541.T>が続伸、商いをこなしながらじわりと上値を慕い、底値離脱の兆しにある。新日鉄住金系のフェロニッケル精錬の最大手だが、ここニッケル市況の回復が顕著で収益環境に追い風が意識されている。ニッケル価格は、ウクライナ情勢の緊迫化を背景とするロシアからの供給停滞思惑から3月に入って上昇傾向を強めている。株価は底値鍛錬十分で、過去投機筋により大相場を形成した実績などもあり、短期資金の注目を誘っている。

大平金の株価は10時55分現在352円(△4円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)