パンチが急反発、1部指定変更後の売り一巡し好実態見直す

 パンチ工業<6165.T>が急反発、一時前日比87円高の1029円まで買われている。3月14日に東証2部から1部に指定変更となった後も軟調な動きが続いていたが、目先的な調整一巡感から買い戻しの動きとなっている。樹脂成形・プレス金型の製作やFA部品の製造を展開、自動車業界など幅広いユーザーへ納入しており、ベトナムを中心に海外での事業拡大も期待される。14年3月期は通期連結営業利益で10億4500万円(前期比47.6%増)を見込んでおり業績も好調だ。

パンチの株価は11時30分現在991円(△49円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)