ヒビノが急反発、14年3月期大幅営業増益、防災関連の側面も

 ヒビノ<2469.T>が急反発、2月4日の直近安値1137円を底に上昇基調が続いている。コンサートなどの映像・音響設備提供サービスを主力に機器開発製造や高級音響装置の輸入販売へも展開。今14年3月期は連結営業利益で11億4000万円(前期比50.8%増)と大幅な増益を見込んでおり、業績変化率の高さが引き続き評価されている。音響機器販売では、放送局やコンサート音響会社向けで大口案件を多数受注。加えて平時は館内情報やニュースなどを表示する一方、有事には即座にJ-ALERT(全国瞬時警報システム)と連動し迅速に緊急情報を伝達するLEDディスプレイ・システムを開発しており、防災関連としての側面もある。
 
ヒビノの株価は12時40分現在1731円(△109円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)