神経質な101円台での取引が継続しそう

ドル円・ユーロ円・ポンド円・ユーロドルは売り オセアニア円は押し目買いから
プーチンの発言でもしかしたらもっと円高が進むのかと思いながら、午後8時からのプーチンの演説を眺めていたら午後6時と午後7時半過ぎの2回上値を止めていた101.50を越えてドル円が上昇、ストップで101.78まで吹き上がりました。
同時にユーロ円も141.17-20の抵抗線を突破して141.86まで一気に上昇。
ポンド円も同様に168.55を突破して169.207まで急騰!
ユーロドルもこのタイミングで1.3944まで吹き上がる展開に。

背景はプーチン大統領が「ロシアはウクライナの分割を図っていない」と発言、他のウクライナ地域を併合する考えがないことや、ロシアの国益を追求はするものの、西側諸国との対立をあおるような意図はないことも明らかにしたため、一部で考えられていたほど過激な内容ではなかったと市場が受け止めたため。
これがショートカバーのきっかけで、数回止まっていた上値抵抗線を突破したことで、テクニカルな買い戻しが入ったため、大きく戻しました。
特にユーロ円は午後3時、下落を開始したポイントを越えて全値戻しを達成するなど激しい上昇となりました。

しかし、ドラマはまだ終わらない!
欧米からはロシアに対する更に厳しい制裁措置を検討する発言が続き米長期金利が反落した事も売り材料となってドル円・クロス円が下落。更にクリミア駐在のウクライナ軍(クリミア自治共和国首都のシンフェロボリの基地)がロシア軍の攻撃を受けて兵士一人が負傷したとのニュースでドル売りとなって101.27まで下落。ユーロドルも1.3880まで急落。ユーロ円も140.81まで急落するなど激しく乱高下。
引けにかけて101.55台、141.45まで戻してドル円101.44、ユーロ円は141.30でNYは引けています。

確かにウクライナの他の地域で武力衝突が起きることは無くなったにしても国際世論とロシアの言い分は大きな隔たりがあり、安心してリスクオンとは行かない状況。今日も神経質な101円台での取引が継続しそう。

101.20以下、101.00には大きなビッドがあるとの話が聞こえてきますが、上値も重たく流れは101.70アッパー、101.85にかけてストップを102.10に置きながら、売り場探しをしたいと考えますが、今日は用事をこなしてから会社に入るため、自宅を出る時間が早く、会社に入る時間が遅くなるため、相場を見る時間がかなり減るため、オーダーは指しません。
よろしくお願いいたします。
3月19日 短期売買方針
ドル円 売り
ドル円はクリミア半島の情勢が全く落ち着いておらず、局地的にせよ戦闘行為があれば円買いが進む可能性が高いためドル円やクロス円を買いから入りにくい。
101.200以下101.000に大口の買いがある可能性が高い為、101.30台以下を売るつもりは全くないが、戻れば101.700から上は売り場探ししたいと考えています。101.150で利食いをイメージします。
今日は全て指値は指しません。
レンジ 101.000(101.150)–(101.650)101.950 
作成時 101.403-407 8:45AM

ユーロドル 売り
ユーロドルは1.39500アッパー、1.39650で売りから参入する方針。
1.39950にストップを置きながら1.38900以下、1.38600で利食いするような売り先行の回転をイメージしました。
レンジ 1.38600(1.38850)–(1.39500)1.39800 
作成時 1.39308-315 8:53AM

ユーロ円 売り
ユーロ円は141.650、141.800を売りから参入する方針。
ストップは142.100に置きながら140.550、140.350で利食いするような回転をイメージしています。
レンジ 140.350(140.550)–(141.650)141.800 
作成時 141.327-336 9:01AM

ポンド 売り
ポンド円は168.700、168.850で売りから。
169.100にストップを置きながら、168.100、167.950で利食い・買い戻しを行う方針。

レンジ 167.950(168.100)–(168.700)168.950 
作成時 168.385-399 9:20AM

対ドルは1.66150アッパー、1.66300で売りから参入する。
1.66650にストップを置きながら、1.65500、1.65350で買い戻しを行う方針。
レンジ 1.65350(1.65500)–(1.66250)1.66400 
作成時 1.65945-958 9:06AM

豪ドル 買い
豪ドル円は92.200以下、92.100で対円は押し目買い方針。
91.900にストップを置きながら、92.700、92.800で利食いをイメージ。

レンジ 92.000(92.150)–(92.700)92.850 
作成時 92.570-582 9:27AM

対ドルは下値が堅調で、0.91050から下、090750にかけて買い場探し。
0.90500にストップを置きながら、0.91650、0.91800で利食いを狙う方針。

レンジ 0.90600(0.90750)–(0.91650)0.91800 
作成時 0.91287-300 9:08AM

ニュージードル 買い
ニュージー円は86.950、86.750で買いからのイメージ。
86.500にストップを置きながら、87.600、87.700で利食いする買いオペレーションをイメージしました。
レンジ 86.750(86.900)–(87.600)87.750 
作成時 87.335-352 9:36AM

対ドルは0.85750以下、0.85650で買いから。
ストップは0.85200に置きながら、0.86500、0.86600で利食いするような買い先行の回転を考えました。
レンジ 0.85650(0.85800)–(0.86500) 0.86650 
作成時 0.86175-193 9:10AM