JCRファーマが続伸、日本初の細胞医薬品に再度期待高まる

 JCRファーマ<4552.T>が続伸、一時前日比142円高の2247円まで買われ出直る動きとなっている。3月7日から9日まで開催された第36回日本造血細胞移植学会総会でヒト間葉系幹細胞を利用した細胞性医薬品(JR-031)の第2、3相臨床試験の結果を発表しており、良好な内容が改めて評価されている。JR-031は、造血幹細胞移植後に発生する重篤な合併症である急性移植片対宿主病(急性GVHD)の治療薬として同社が開発を進めている。製造販売承認されれば日本初の細胞医薬品となることから今後の開発進展が期待されている。

JCRファーマの株価は13時10分現在2214円(△109円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)