<チャートの視点>=ヤマダ電機、25・75日線のGCが視野に入る

 ヤマダ電機<9831.T>は、25日移動平均線(18日時点:338円)と75日移動平均線(同:347円)のゴールデン・クロス(GC)が視野に入ってきた。昨年12月以降は、おおむね320~380円の間での動きとなっているが、足もとでは5日移動平均線と25日移動平均線のGCが実現するなど、テクニカル指標は基調の変化を示唆。きょうは一時、前日比9円高の364円まで買われ、一目均衡表の雲(先行スパン1と先行スパン2で囲まれた範囲)を上抜いてきた。
 なお、12日に発表された2月の月次売上高は、グループ全店ベースで前年同月比26.7%増。消費増税前の駆け込み需要などを背景に、7カ月連続で2ケタ増を記録している。

ヤマダ電機の株価は13時37分現在359円(△4円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)