琉球銀に負ののれん発生益、約10億円を14年3月期に計上

 琉球銀行<8399.T>は19日、連結子会社に対する持分比率引き上げに伴い、14年3月期に負ののれん発生益を特別利益に計上する見通しとなったと発表した。発生益の見込み額は約10億円で14年3月期の業績予想については現在精査中で、業績予想の修正が必要と判断された場合は速やかに開示するとしている。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)