トミタ電機は今15年1月期営業損益1800万円の黒字を見込む

 フェライトなどの電子部品を手掛けるトミタ電機<6898.T>は19日取引終了後に、今15年1月期の連結業績見通しを発表。営業損益は1800万円の黒字(前期実績は1億200万円の赤字)を見込んでいる。
 15年1月期通期の連結売上高予想は16億1200万円(前期比5.0%増)、最終利益予想は1700万円(同3.1%増)。産業機器や車載、医療機器、省エネ、環境分野などを中心に国内外で新規開拓に注力するほか、効率的な生産販売体制を構築するなど利益重視の体制を強化していく方針を掲げている。
 なお、前14年1月期通期の連結業績は、売上高が15億3400万円(前の期比7.9%増)、営業損益が1億200万円の赤字(前の期実績は3000万円の赤字)、最終利益は1600万円(前の期比84.9%減)と、14日に下方修正した数値での着地となった。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)