<株式トピックス>=西武HDが4月23日上場、10年ぶり株式市場に復帰

 東京証券取引所は19日、西武ホールディングス<9024.T>の新規上場を承認した。4月23日に東証1部または同2部へ株式上場する。上場に際して国内外で8085万5400株の売り出しを行う。上場市場は、4月14日の公開価決定後に決まる。同社は、都市交通・沿線事業、ホテル・レジャー事業、不動産事業、建設事業、ハワイ事業などを営む子会社の経営管理およびそれに付帯する事業を手掛けている。西武鉄道が2004年12月に上場廃止になって以来の10年ぶりの株式市場への復帰となる。
 西武HDの前身である西武鉄道は、2004年12月に有価証券報告書の虚偽記載で上場廃止となった。さらに、05年には西武グループを率いていた堤義明氏が証券取引法違反容疑で逮捕される事態となり、これを受けて経営立て直しのため、メーンバンクのみずほコーポレート銀行(現みずほ銀行)副頭取だった後藤高志氏が西武鉄道社長に就任した。さらに、06年にサーベラスが約1000億円を出資し、傘下に鉄道やホテル、不動産事業を持つ持株会社の西武HDが発足した。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)