日新鋼HDが3日続伸、三菱UFJMSは投資判断を「アウトパフォーム」に引き上げ

 日新製鋼ホールディングス<5413.T>が3日続伸。三菱UFJモルガン・スタンレー証券は19日付のリポートで、投資判断を「ニュートラル」から「アウトパフォーム」に引き上げ、目標株価も1400円から1700円に引き上げたことが刺激となっているようだ。
 三菱UFJMS証は、大手高炉が進めてきた建材向け鋼板の値戻しの恩恵や、減産を伴うステンレスの採算改善などで、同社の実力ベースの経常利益は大幅に切り上がっていると指摘。株価はこれらを織り込んでおらず、むしろ消費税増税後の住宅受注の反動減などを過度に織り込んでいるとしている。

日新鋼HDの株価は9時27分現在893円(△19円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)