カカクコムが反落、未定としていた期末配当は実質増配となるも利益確定売り優勢

 カカクコム<2371.T>が反落。19日の取引終了後、従来未定としていた期末一括配当について12円50銭にすると発表した。前期実績は35円だが、4月と9月にそれぞれ1対2株の株式分割を実施していることから、実質3円75銭の増配となるが、業績好調から増配は想定内との見方が強く、ひとまず材料出尽くしとみた利益確定の売りが優勢となっている。

カカクコムの株価は10時現在1715円(▼73円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)