<前場の注目銘柄>=ポールHD、連続2ケタ増益の可能性大

 ポールトゥウィン・ピットクルーホールディングス<3657.T>を見直したい。15年1月期の増益率鈍化予想が嫌気され株価は調整しているが、計画は保守的との見方が強い。値ごろ感が増している点も注目。

 会社予想の増益率鈍化はパチスロ・パチンコ機向けコンテンツの不具合検査の売上高を保守的にみていることや、海外事業への投資増や人件費の上昇を見込んでいるため。しかし、海外での新型家庭用ゲーム機用ソフトの不具合検査事業や国内Eコマース関連のユーザーサポート事業の好調から、今期も前期に続いて2ケタ増益の可能性が大きい。中期的にも海外不具合検査事業やネット看視事業の拡大による高成長が見込まれる。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)