村田製が続伸、M&Aなど事業領域拡大で商品競争力生かす

 村田製作所<6981.T>が続伸、3月14日にマドを開けて売られ25日線を下に抜けたが、その後9000円近辺で踏みとどまり、ここにきて切り返し歩調を鮮明とする腰の強さをみせている。急拡大するスマートフォン・タブレット向け需要の追い風だけでなく、自動車生産の販売増や電装化進展で車載用に同社の手掛けるセラミックコンデンサーが高水準の伸びを示している。また、ソニー<6758.T>が部品調達に際し、部品メーカーを絞り込む動きが伝えられたが、商品競争力に秀でる同社は相対的に優位性を発揮する。M&Aを活用しながら事業領域拡大を進展させ、一頭地を抜く実力で成長市場を取り込んでいる。

村田製の株価は10時55分現在9170円(△142円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)