フィールズが大幅続落、業績悪化で警戒売り続く いちよし経研は「B」に引き下げ

 フィールズ<2767.T>が大幅続落。株価は一時、前日比185円(11.5%)安の1425円まで売られている。18日に2014年3月期の連結業績予想の減額修正を発表したことへの警戒売りが続いている。いちよし経済研究所は19日、同社のレーティングを「A」から「B」に引き下げ、フェアバリューは2700円から2000円に見直した。
 同研究所では、パチスロ機の1タイトルの発売を来期に延期したことやソーシャルゲームの投入タイトル数が想定よりも減少したことなどが減額修正の要因と指摘。「遊技機業界は厳しい状況が続いている。特にパチンコ機は深刻で実績のある有力シリーズタイトル以外のヒットはほとんど望めない環境となっている」とみており、15年3月期以降の業績見通しも下方修正している。
 
フィールズの株価は11時2分現在1462円(▼148円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)