パルコは下げ渋る、仙台駅西口地区への出店で注目

 パルコ<8251.T>は小幅反落ながら800円台前半で下げ渋る動き。同社は19日、大引け後に仙台駅西口地区に「新たな商業施設」を出店することを発表、これが注目されている。仙台駅西口駅前の好立地に約3600平方メートルの敷地規模を有する「出店計画地」を日本通運<9062.T>から賃借して出店する。今後は、新設する準備室を軸に、商業施設計画の策定・建設などの開発業務を推進し、16年春の開業を目指す方針。仙台駅西口地区は地下鉄東西線の開業やバス乗降場の集約化、交通機関相互の乗り換え機能向上などの交通環境の改善・強化が進められており、開業後は多くの集客が期待できそうだ。

パルコの株価は11時4分現在821円(▼2円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)