長谷工、大京が昨年来安値、2月の首都圏マンション販売24%の大幅減少

 長谷工コーポレーション<1808.T>、大京<8840.T>のマンション大手が続落し、昨年来安値を更新した。19日に不動産経済研究所が発表した2月の首都圏(東京、神奈川、埼玉、千葉の1都3県)のマンション市場動向で新築マンション販売戸数が前年同月比24.1%減の2651戸と大幅に減少したことが嫌気されている。ただ、前月(1月)比では45.2%増と大幅に増加しており、契約率は前年同月比4.2ポイントアップの80.6%、価格も同18.1%上昇の5064万円になっている。

長谷工の株価は12時41分現在626円(▼20円)
大京の株価は12時41分現在196円(▼6円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)