省電舎が急落、ライツ・イシューによる株式需給悪化など嫌気

 省電舎<1711.T>が急落。同社は19日、ライツ・イシューによる資金調達を実施すると発表、株式需給の悪化を懸念した売りが膨らんだ。
 証券会社と引受契約を締結しないノンコミットメント型での実施となる。1株につき1個の新株予約権を割り当てる。新株予約権の行使価格は1365円で、調達金額は最大で約20億円。3月31日が株主確定日となる。
 ライツ・イシューとは新株予約権を発行会社以外の全て株主に対し、保有する株式数に応じて無償で割り当て、その新株予約権が上場され市場で売買できる資金調達手法のこと。
 
省電舎の株価は13時33分現在1765円(▼235円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)