新日鉄住金が続落、ベトナムで「鋼構造普及に関する覚書」の覚書を締結

 新日鉄住金<5401.T>が続落。19日にベトナム交通大学を出資母体とする技術コンサルティング会社「UTC2」と、ベトナム国内の鋼管杭、鋼矢板など「鋼構造普及に関する覚書」を締結したと発表したが反応は鈍い。相場全体の地合い悪化に伴い、信用の手じまい売りも出ているようで、徐々に下値を切り下げる軟調な展開が続いている。同社とベトナム交通大学は10年以上にわたり、共同研究などで協力関係にあり、今後現地の現地法人を通じて製品を供給するとともに、技術面からも現地社会資本整備に協力していく。

新日鉄住金の株価は13時53分現在273円(▼3円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)