【売り】スターバックスコーヒージャパン (2712) 例年3月末は軟調に推移する傾向 = フェアトレード 田村 祐一

例年3月末は軟調に推移する傾向
■注目銘柄
スターバックスコーヒージャパン (2712)

■注目理由
同社は、カフェ「スターバックス」を全国展開している企業です。街中で見かけることから、なじみ深い企業ではないでしょうか。

3月末の同社株価は、例年下がりやすい傾向があります。

同社は、3月優待企業であり、100株以上保有で「ドリンク券」が2枚もらえます。ドリンク券は、ドリンクの種類・サイズ・オプションは問わず利用可能であり、お得感満載の優待と言えるでしょう。また、配当も1株につき10円を予定しており、3月権利確定日前は買いが入りやすい傾向があります。しかし、人気優待銘柄だけに権利確定後は売りが出やすく、3月末は軟調に推移する可能性があります。過去データでは、3月権利確定日直前に購入し、権利確定2日後に売却した場合の検証では、勝率23%となっており、下落しやすいことが確認できます。

同社業績は拡大傾向にあり堅調に推移していますが、魅力的な優待だけに、権利確定後は短期的に売りが出やすくなっています。よって、権利確定日前後は株価が乱高下しやすくなっていますので、高値つかみ等には気を付ける必要がありそうです。

※※本銘柄は、「信用銘柄」であることから、基本的に「空売り」を行うことはできません。しかし、人気優待銘柄として注目度の高い銘柄ですので、今回は「売り」スタンスとしました。その点につきましては、何卒ご了承くださいませ。

過去の検証結果は以下の通りです。
--------------------------------------
勝率:23.08%
平均損益(率):-2.89%
平均利益(率):1.18%
平均損失(率):-4.1%
--------------------------------------