今夜の注目材料は?=外為どっとコム総研 石川久美子

今夜の注目材料は?
東京市場のドル/円相場は日経平均株価が重石となって102.20円付近まで軟化しました。この後の展開について、予定されている経済イベントから考えてみましょう。

3/20(木)
17:30☆(スイス) スイス中銀政策金利発表
21:30☆(米) 週次新規失業保険申請件数
23:00☆(米) 3月フィラデルフィア連銀景況指数
23:00☆(米) 2月中古住宅販売件数
24:00 (ユーロ圏) ラウテンシュレーガーECB専務理事、講演
25:30 (英) ウィールMPC委員、講演
26:00 (米) 10年物インフレ指数連動債(TIPS、130億ドル)入札
----- ☆(ユーロ圏) EU首脳会議(21日まで)
※☆は特に注目の材料

昨日のFOMCで早期利上げ期待が台頭していますが、米国の経済指標を全方位的に確認しながら利上げ時期の見通しを調整していく状況に変わりはありません。本日発表の米主要経済指標は重要です。

一方で、欧州で行われるEU首脳会議も重要です。ロシアに対して厳しい態度を欧州側が打ち出せば、欧州対ロシアの関係の悪化懸念から株価に重石が掛かり、為替相場としてもリスクオフムードが強まりそうです。