トランスGが14年3月期業績予想を下方修正、CRO事業が当初見込みを大きく下回る

 トランスジェニック<2342.T>がこの日の取引終了後、14年3月期の連結業績見通しについて、売上高を従来予想の19億円から16億3000万円(前期比2.3倍)へ、営業損益を同7000万円の黒字から9000万円の赤字(前期3600万円の赤字)へ、純損益を同1000万円の黒字から1億2000万円の赤字(同2700万円の黒字)へそれぞれ下方修正した。CRO事業で下期の受注高が当初見込みを大きく下回ったことに加えて、抗体試薬事業で取い扱い輸入抗体製品の売上高や受託サービス収入が伸び悩んだことが要因。また、CRO事業の一部設備につき減損損失を行ったことも下方修正につながった。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)