「AnimeJapan 2014」

世界最大級のアニメの祭典
「AnimeJapan 2014」が3月22、23日の2日間にわたり東京ビッグサイトで開催されることから、今年もアニメ関連企業が話題になりそうだ。

 「AnimeJapan 2014」は、13年まで別々に開催されていた「東京国際アニメフェア」と「アニメコンテンツエキスポ」という異なるイベントを統合したもの。日本のアニメ産業と、その関連産業の発展と振興を目的とする世界最大級のアニメの祭典に生まれ変わり開催される。
安倍政権は、政権発足当初から、日本独自の文化を海外に売り込む「クールジャパン戦略」のなかで、アニメを重要コンテンツのひとつとして位置づけていることから、今回のイベントも世界へ向けて日本のアニメをPRするうえで、重要なイベントとなる。

 「進撃の巨人」などの製作で話題を集めたIGポート傘下のプロダクション・アイジーをはじめ、CGアニメ映画「聖闘士星矢」や「楽園追放」などの新作アニメを公開する東映アニメーション、出版の最大手で昨年10月に9社と合併したKADOKAWA、110本を越えるアニメーション作品のテレビ番組化に参画しているアサツー ディ・ケイなどに注目が集まる。

 特に「進撃の巨人」は、海外でも大きな話題となっており、今後世界展開でも注目を集めそう。アニメ関連は、クールジャパンの尖兵として、株価面でも見直し余地がありそうだ。
◆「AnimeJapan 2014」注目の出展企業
銘柄      コメント

IGポート    傘下のプロダクション・アイジーが出展
バンダイナムコ  AnimeJapanの特別協賛企業
カドカワ     「悪魔のリドル」など複数のアニメを出展
アサツーDK   100本越えるアニメ製作の老舗
東映アニメ    複数の新作アニメを公開