ファンドクリGが14年11月期業績を増額修正、ファンド組成フィーなど計上

 ファンドクリエーショングループ<3266.T>は20日、2014年11月期連結業績予想の増額修正を発表した。売上高は従来予想の18億6500万円から19億7000万円(前期比2.6倍)に見直したほか、営業利益は8300万円から1億3500万円(同3.4倍)、純利益は5000万円から1億2000万円(同5.5倍)に上方修正した。
 アセットマネジメント事業では、太陽光発電ファンドである「福岡川崎ソーラーファンド」組成によるファイナンスアレンジメントフィーを売り上げに計上したほか、インベストメントバンク事業では子会社が保有していた不動産物件を売却したことなどが収益の押し上げ要因に働いた。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)