MV東北が14年2月期業績予想を下方修正、最終損益は赤字に

 マックスバリュ東北<2655.T>は20日、2014年2月期業績予想の下方修正を発表した。売上高は980億円(前期比2.6%増)で変わらずだが、営業利益は従来予想の12億円から4億4000万円(同49.4%減)、最終損益は7億円の黒字から5億6000万円の赤字(前期は6億6200万円の黒字)に見直した。
 電気料金の値上げによる水道光熱費の増加や大型改装など投資コスト増が収益の悪化要因となった。また、店舗など一部固定資産に対する減損処理を適用し6億3600万円の特別損失を計上したことに伴い、最終損益は赤字に転落した。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)