船井電機が3日続落、14年3月期利益予想を下方修正、液晶テレビなどで損失発生

 船井電機<6839.T>が3日続落。前週20日の取引終了後、14年3月期の連結業績見通しについて、売上高を従来予想の2290億円から2300億円(前期比19.8%増)へ上方修正した一方、営業損益を同5億円の黒字から51億円の赤字(前期52億7300万円の赤字)へ、純損益を同1億円の黒字から65億円の赤字(同85億4200万円の赤字)へそれぞれ下方修正したことが嫌気されている。売上高はほぼ計画通りで進捗しているものの、第3四半期に北米やメキシコにおけるPHILIPSブランドの液晶テレビ、オーディオアクセサリー関連製品などの損失が発生し、第4四半期においては在庫処分のため、採算が大きく悪化することが見込まれることなどが要因としている。

船井電機の株価は10時3分現在1036円(▼56円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)