第一三共は大幅反発、抗血小板剤「プラスグレル」が国内第3相臨床試験で有効性確認

 第一三共<4568.T>が大幅反発。薬品株に物色資金が集まるなか、同社は24日、抗血小板剤プラスグレル塩酸塩「プラスグレル」の国内第3相臨床試験における有効性と血小板凝集能に関するサブグループ解析の結果を発表した。「プラスグレル群」が統計学的に有意な血小板凝集能低下が認められたことを明らかにした。これを買い手掛かりに買いが優勢となっているようだ。

第一三共の株価は11時30分現在1717円(△72円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)