海洋掘削が反発、下北半島東部での新規掘削工事を受注

 日本海洋掘削<1606.T>が反発。同社はこの日、午後2時に下北半島東部での地質情報の取得を目的とした海上ボーリング調査に関し、ドリルシップ「ちきゅう」を使用した掘削契約を日本原燃と締結することで合意したことを発表、これを好感している。4月上旬から操業を開始する予定で45日(予備日を含む)の作業日数を見込んでいる。

海洋掘削の株価は14時29分現在4120円(△125円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)