やまやが反発、PER割安顕著で来期業績は買収効果本格化

 やまや<9994.T>が反発、1月20日の2993円を高値に2カ月にわたる調整を入れてきたが、ボリンジャーバンドの下限ライン(マイナス2シグマ)に到達、PER9倍前後、PBR1倍割れの割安感からリバウンド局面への移行が意識される局面。イオン系で東北を地盤とする酒類専門店チェーンの大手で、商品輸入から物流、小売まで一貫体制を敷く強みを持っている。14年3月期は12%営業増益の40億円を見込んでいるが、ポイントとなるのは来期。「買収した居酒屋チムニーの通年寄与で5割以上の大幅増益が視界に入る」(業界アナリスト)とみられ、改めて見直されそうだ。

やまやの株価は14時55分現在1884円(△45円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)