CSPは前14年2月期経常利益見通しを4.6%増の12億8000万円に上方修正

 セントラル警備保障<9740.T>は24日取引終了後に、集計中の前14年2月期通期の連結業績見通しを上方修正。売上高予想を従来の414億円から414億3000万円(前の期比1.5%増)に、経常利益予想を10億4000万円から12億8000万円(同4.6%増)に、最終利益予想を5億1000万円から6億7000万円(同6.9%増)に引き上げた。
 鉄道関連の常駐警備や、機械警備などが堅調に推移。また、アウトソーシングを活用した低採算契約の見直しや、販売費および一般管理費などの削減に注力したことが奏功した。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)