福井コンが4日ぶり大幅反発、14年3月期純利益を12億円へ上方修正

 福井コンピュータホールディングス<9790.T>が4日ぶりの大幅反発。24日の取引終了後、14年3月期の連結業績見通しについて、売上高を従来予想の78億8800万円から85億円(前期比12.3%増)へ、営業利益を同15億円から19億円(同51.9%増)へ、純利益を同9億6000万円から12億円(同50.4%増)へそれぞれ上方修正しており、これが好感されている。測量土木CAD事業が「WindowsXP」のサポート終了に伴うシステムのバージョンアップや、公共投資の増加に伴う業務量の拡大に対応するための追加導入でソフトウエアが好調だったことに加えて、ソフトウエアの好調を受けて保守サービスの加入件数が増加し保守サービスの売り上げも順調に推移したことが要因としている。

福井コンの株価は10時19分現在860円(△55円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)