椿本チが下げ渋る、自動車部品牽引し業績好調

 椿本チエイン<6371.T>が下げ渋る展開。ここ株価は急速な調整を入れたが、ファンダメンタルズ面の評価から、ここ証券系調査機関から強気見通しが相次いでいる。主力の自動車部品は米国子会社の業績好調、「国内ではマザー工場である埼玉工場の稼働率が高水準で見直し余地が大きい」(中堅証券調査機関)という。今14年3月期は営業利益段階で前期比27%増の160億円予想だが、一段の上振れも視野。来期もマテハン事業などの回復から2ケタ増益基調をキープする見通し。

椿本チの株価は12時58分現在767円(▼5円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)