空港施設や日空ビルが堅調、羽田国際線増便への期待強まる

 空港施設<8864.T>や日本空港ビルデング<9706.T>など羽田空港関連銘柄が堅調。30日から羽田空港の国際線発着枠の拡大によって、恩恵を受けるとの期待から買われている。JAL<9201.T>、ANAホールディングス<9202.T>ともに国内線も増設して地方から海外への乗り継ぎを便利にする予定であり、ターミナルビルやショップ、施設運営で羽田空港との関係の深い両社には、恩恵を期待する買いが入っている。

空港施設の株価は13時41分現在717円(△15円)
日空ビルの株価は13時41分現在2556円(△111円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)