<動意株・25日>(大引け)=田淵電機、西尾レント、東亜合成など

 田淵電機<6624.T>=急反発。3月19日に690円の昨年来高値をつけた後、急ビッチな上昇から目先的な利食い売りに押されていたが、再び騰勢を強めている。太陽光発電用や燃料電池用、ハイブリッド車用のインバータ技術への評価が高まっており、太陽光発電向けは住宅用と産業用の引き合いが活発化している。

 西尾レントオール<9699.T>=新値追い。建機レンタル需要が好調であり見直し買いが流入している。同社の14年9月期第1四半期(13年10~12月)の連結純利益は前年同期比61.1%増の27億7500万円と大幅増益。復興需要やインフラ関連工事向けに建機レンタル需要が伸びている。14年9月通期の同利益は前期比5%減の51億5600万円と減益が見込まれているが、慎重な見通しとの見方が多く60億円台への増額修正期待が膨らんでいる。

 東亜合成<4045.T>=堅調。24日に、独ヘレウス・ホールディング社(ハーナウ市)と導電性ポリマーフィルムのパターニング技術でパートナーシップを構築したと発表、これを好感した買いが入っている。これにより、静電容量式タッチパネル技術で不可欠な電極パターニングが可能となり、ITO代替の量産技術が飛躍的進歩をもたらすとしており、今後の事業展開への期待から買われているようだ。

 オールアバウト<2454.T>=反発。24日に14年3月期の連結業績予想の上方修正を発表したことを好感。売上高は40億円から44億円(前期比33.5%増)に見直したほか、営業利益は3300万円から1億500万円(同33.1%減)、最終損益は収支トントンから6000万円の黒字(同56.8%減)に上方修正した。主力のインターネット広告事業が期末にかけ広告出稿の需要が増加しているほか、子会社でサンプリング事業を展開するオールアバウトライフマーケティングの業績が堅調なことが収益に寄与している。 

 ACKグループ<2498.T>=ストップ高。24日の取引終了後、第2四半期累計(10~3月)連結業績見通しについて、売上高を従来予想の144億円から177億円(前年同期比38.2%増)へ、営業損益を同5億8000万円の赤字から3億6000万円の黒字(前年同期7億300万円の赤字)へ、純損益を同8000万円の赤字から2億9000万円の黒字(同1億8100万円の赤字)へそれぞれ上方修正しており、これを好感した買いが集中している。

 フェヴリナホールディングス<3726.T>=急伸。同社は24日大引け後にサイエンスボーテ(福岡市中央区)を株式交換で完全子会社することを発表、これが好感されている。サイエンスボーテは、化粧品の通信販売事業で近年業績を伸ばしており、特にラジオ放送を用いた宣伝による新規顧客の獲得を得意としている。コールセンターなどによる既存顧客の確保を得意としているフェヴリナにとっては、化粧品などの通信販売事業について新規顧客獲得を図るうえでサイエンスボーテは大きな武器になりそうだ。
 
※未確認情報が含まれる場合があります。株式の売買は自己責任に基づいて、ご自身でご判断ください。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)