富士PSはミャンマーで子会社の設立を準備

 富士ピー・エス<1848.T>はこの日、大引け後にミャンマーのヤンゴン市内に、子会社を設立する準備を開始したことを発表した。同社は現地企業と基本合意書(MOU)を締結し、プレストレスト・コンクリート(PC)技術などの技術指導・支援などの協議を重ねている。ミャンマーでは、経済発展のための住宅開発や鉄道・高速道路などのインフラ整備事業の計画が進められている。今後、PC工事量の拡大が見込まれることから子会社を設立してこれに対応していく。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)