ダイトケミクスが14年3月期営業利益を減額修正、感光性材料など販売低迷

 ダイトーケミックス<4366.T>が25日、14年3月期の連結業績の売上高と営業利益を減額修正した。売上高は98億円から86億円(前期比2.2%増)に見直したほか、営業損益は2億5000万円の黒字から1億8000万円の黒字(前期は8億9900万円の赤字)に修正した。化成品事業では主力製品の感光性材料や印刷材料で市況の回復がみられず、販売が低迷した。また、環境関連事業も主要顧客の工場稼働率の低下に伴い受託量、売上高ともに減少したことが響いた。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)