三菱電が反発、太陽電池3割増産と報じられる

 三菱電機<6503.T>が反発。きょう付の日本経済新聞で、太陽電池の生産能力を高め、2014年度に前年度に比べて約3割増産する方針を決めたと報じられたことを好感。記事によると、国内全体の13年の太陽電池出荷量の1割弱に相当する年間65万キロワット規模を生産する計画だという。12年夏に始まった再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度を背景に太陽電池の需要が急増していることに対応するのが狙いで、競合他社に比べ長期になっている納期の短縮につながるとの観測が報じられている。増産効果による業績への影響を期待する買いが入っているようだ。

三菱電の株価は9時22分現在1145円(△7円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)