タカラレーベンが反発、SMBC日興証券が新規「1」、目標株価420円に設定

 タカラレーベン<8897.T>が反発。この日は、SMBC日興証券が25日付で投資判断を新規に「1」とし、目標株価を420円にしたことが観測されている。同証券によると、首都圏郊外におけるマンション事業の優位性に加えて、事業領域の拡大により主要なマンション専業デベロッパー間の比較で最も安定した業績成長が期待できると評価。マンション市場の縮小見通しや建築費の上昇懸念から、同社を含む同業各社の株価は直近1年間では不動産セクター内でアンダーパフォームする傾向にあったが、同社については好調な業績見通しを背景に株価には再評価余地があると指摘している。

タカラレーベンの株価は9時47分現在314円(△3円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)