日立が続伸、機関投資家の売り一巡で切り返しへ

 日立製作所<6501.T>が続伸。同社株はここ機関投資家とみられるポジション整理の売りに押される展開が続いており、前日は実に10日ぶりの反発をみせた矢先、きょうも値ごろ感からの買い戻しが続いている。業績は今14年3月期営業2割増益予想に続き、来期も続伸が見込まれている。「コスト努力の結実に加えて、安定成長が期待される社会インフラ分野への経営資源シフトが成功している」(業界アナリスト)状況にある。今期営業利益は23年ぶりに過去最高を更新、中期的な評価も高まっており、ポジション整理の売り一巡後は再び上値指向となる公算が大きい。

日立の株価は9時54分現在750円(△17円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)