方向感のない状態が続く=外為どっとコム総研 石川久美子

方向感のない状態が続く
ドル/円相場は方向感に乏しい状態が続いている。期末で積極的な取引が控えられる状態は続く見通しだ。
ただ、本日は米国と欧州連合(EU)の首脳会談が行われる。
オバマ米大統領は昨日、ロシアがウクライナ東部に侵攻すれば追加制裁を行う意向を明らかにしている。

本日、この制裁に関して踏み込んだ内容について述べ、ロシアと西側諸国との関係が一段と緊迫化するような事態になれば、ドル/円は頭を押さえられることになろう。可能性自体は低いが、ニュースのヘッドラインには注意を払っておきたい。